May21th

マイニングプールでの採掘 の変更点

Top / マイニングプールでの採掘


*マイニングプールでの採掘 [#oeba086e]

マイニングプールを利用して採掘したい人向けの設定ページです。
前提をよく読んでから設定してください。
本ページは2018/01/03時点の情報になります。

#contents

**前提 [#gb94c8b3]

- すでにウォレットの導入とマイナー([[cpuminer-yescrypt:https://github.com/koto-dev/cpuminer-yescrypt]]、[[cpuminer-opt:https://github.com/JayDDee/cpuminer-opt]]等)の準備が整っていること
- 整っていない場合は、左メニューの導入方法から対応するOSのウォレットとマイナーを導入すること


** マイニングプール接続バッチの準備 [#xff73acf]

Kotoのマイナーが格納されているディレクトリへ移動します。(minerdが存在するディレクトリ)
新規にバッチファイル(LinuxやMacの人はシェルスクリプト)を作成します。
ここでは、説明のためにkoto_miner_pool.bat(LinuxやMacの人は拡張子をshにして下さい)
開いたファイルに以下の内容をコピーしてください。
- Win(koto_miner_pool.bat)
> @echo off
> minerd.exe -a yescrypt -u <kで始まる自分のKotoID> -o <マイニングプールの情報> -p <自由に設定> -t <使用スレッド数>
> minerd.exe -a yescrypt -u <kまたはjで始まる自分のアドレス> -o <マイニングプールのURL> -p <自由に設定> -t <使用スレッド数>

-Linux,Mac(koto_miner_pool.sh)
> #!/bin/bash
> ./minerd -a yescrypt -u <kで始まる自分のKotoID> -o <マイニングプールのURL> -p <自由に設定> -t <使用スレッド数>
> ./minerd -a yescrypt -u <kまたはjで始まる自分のアドレス> -o <マイニングプールのURL> -p <自由に設定> -t <使用スレッド数>

'''-pの後ろの<自由に設定>は何でも良いので半角英数字の文字列を何文字か設定してください。(不要なプールもあります)'''
'''-t <使用スレッド数>は無くても良い。(無ければ使用スレッド数は最大となる)'''

** kで始まる自分のKotoID [#jfd0c9c7]
***kまたはjで始まる自分のアドレス [#jfd0c9c7]
GUIウォレットを起動してOwn Addressのタブを選択。
Addressの列のkで始まるアドレスを、準備したバッチファイルに設定してください。
Addressの列のkまたはjで始まるアドレスを、準備したバッチファイルに設定してください。

**マイニングプールのURL [#jf6dac67]
***マイニングプールのURL [#jf6dac67]
左メニューのマイニングプールからどれか一つを選択してください。
stratum+tcp://から始まるアドレスがマイニングプールのURLです。
'''※リソースの状況などの問題で繋がらない可能性も十分にあるので、各マイニングプールの状況はAskMonaのスレッドや、各ページなどを参考にして下さい。'''

各プールの情報をまとめたページを作成しました。
[[プールのURL,PORT一覧]]からご確認下さい。

***koto.poolof.work [#xe9823ab]
Getting Startedのタブをクリック → 左のCoinsのKotoをクリック → URL (difficulty 0.5): のURL

***kotopool.work [#jdb15eaa]
トップページのGetting startedの項目 → -o の後ろがマインニングプールのURL
'''{PORT}は自分のPCの性能に合わせてkotopool.workのページの情報から選択してください。'''

***おコトを少々 [#wae515e9]
トップページの一番上にマイニングプールのURLがあるのでそれをコピー

***KPOOL [#td64cd4a]
マイニング方法 → -o の後ろがマインニングプールのURL

***東濃共同採掘KK [#abda8a9b]
~-o stratum+tcp://kotom.tonopool-kk.net:3032 -u [koto's wallet address]

**バッチファイルの起動 [#h7a7af2d]
これで設定は完了です。
バッチファイルを起動して正しく繋がるか確認してください。