Jan23th

koto-cliの使い方

Top / koto-cli

koto-cliの使い方


アドレス取得

koto-cli getnewaddress

新しいkアドレスを取得する。

koto-cli z_getnewaddress

新しいzアドレスを取得する。

アドレス確認

koto-cli getaddressesbyaccount

所持しているkアドレスを出力する。

koto-cli getaddressesbyaccount ""

※このコマンドではすべてのkアドレスは出力されません。お釣りとして生成されたアドレスは出力されないようです。listaddressgroupingsを使ってください。

koto-cli z_listaddresses

所持しているzアドレスを表示する。

残高確認

koto-cli z_gettotalbalance

kアドレスの残高、zアドレスの残高、両方を合わせた残高、これら3つを表示する。

koto-cli z_getbalance

zアドレスの残高を表示する。

koto-cli z_getbalance "zアドレス"

送金

koto-cli sendmany

KOTOを送金する。(kアドレスのみ使用可能)

形式

koto-cli sendmany "" "{\"送金先kアドレス\":KOTOの量, .....}"

使用例

koto-cli sendmany "" "{\"k1tM72Sf.....\":5.0}"

koto-cli z_sendmany

KOTOを送金する。(kアドレスとzアドレス、両方ともに使用可能)

形式

koto-cli z_sendmany "送金元アドレス" '[{"address": "送金先アドレス" ,"amount": 送金するKOTOの量}, .....]' 最小承認数 手数料

または

koto-cli z_sendmany "送金元アドレス" '[{"address": "送金先アドレス" ,"amount": 送金するKOTOの量 ,"memo": "16進数文字列"}, .....]' 最小承認数 手数料

最小承認数と手数料は省略できます。省略した場合は、最小承認数=1、手数料=0.0001になります。
memoは書かなければ "f6" になります。

使用例

koto-cli z_sendmany "k1tM72Sf....." '[{"address": "ztfaW34G....." ,"amount": 5.0}]'

メモフィールドを使う場合は

echo -n "こんにちは" | xxd -p | tr -d '\n'  # => e38193e38293e381abe381a1e381af
koto-cli z_sendmany "ztfaW34G....." '[{"address": "zkFthoyb....." ,"amount": 5.0 ,"memo": "e38193e38293e381abe381a1e381af"}]'

echo -e -n とすると "こと\nコト" というように "\n" で改行できるようになります。

また、一行で打ちたい人は以下のような形にしましょう

koto-cli z_sendmany "k1tM72Sf....." '[{"address": "zkFthoyb.....","amount":5.0,"memo":"'`echo -n "こんにちは" | xxd -p | tr -d '\n'`'"}]'

未分類

koto-cli getinfo

koto-cli getwalletinfo

koto-cli listaddressgroupings

所持しているkアドレスとそのアドレスの残高を出力する。

koto-cli listtransactions

最近のトランザクションを表示

koto-cli z_shieldcoinbase

採掘したKOTOをzアドレスに送る。(これをしないと採掘したKOTOは使えません)

koto-cli z_shieldcoinbase "*" "zアドレス"

koto-cli stop

kotodを停止する。

シェルスクリプト仮置場

z_sendmany.sh

#!/bin/bash

echo
printf "%20s : " "From Address"
read FROMADDR

printf "%20s : " "To Address"
read TOADDR

printf "%20s : " "Amount"
read AMOUNT

printf "%20s : " "Memo (default=\"f6\")"
read -r MEMOSTRING

printf "%20s : " "Minconf (defalut=1)"
read MINCONF

printf "%20s : " "Fee (default=0.0001)"
read FEE

MEMOHEX="$(echo -e -n $MEMOSTRING | xxd -p | tr -d '\n')"

echo
echo "z_sendmany \"$FROMADDR\" \"[{\\\"address\\\":\\\"$TOADDR\\\", \\\"amount\\\":$AMOUNT, \\\"memo\\\":\\\"${MEMOHEX:="f6"}\\\"}]\" ${MINCONF:=1} ${FEE:=0.0001}"

echo
~/koto/src/koto-cli z_sendmany "$FROMADDR" "[{\"address\":\"$TOADDR\", \"amount\":$AMOUNT, \"memo\":\"${MEMOHEX:="f6"}\"}]" ${MINCONF:=1} ${FEE:=0.0001}
echo

全ての入力で、「"」や「'」は必要ありません。
memoの入力では16進数文字列ではなく、普通の文章を入力してください。(16進数文字列に変換します。) また、「\n」 と入力することで改行ができます。(掲示板などの設定によっては、二行目以降が表示されません)

kotobackup.sh

#!/bin/bash

DateAndTime=$(date +%Y)$(date +%m)$(date +%d)-$(date +%H)$(date +%M)$(date +%S)
mkdir -p ~/KotoBackup/$DateAndTime/
cd ~/KotoBackup/$DateAndTime/

cp ~/.koto/wallet.dat ./wallet.dat
~/koto/src/kotod -exportdir=./ -daemon
sleep 10s
~/koto/src/koto-cli backupwallet backup
~/koto/src/koto-cli dumpwallet dump
~/koto/src/koto-cli z_exportwallet zexport
~/koto/src/koto-cli stop

kotodが停止している状態で実行してください。

Tips


koto-cliのコマンドをタブ補完する(Linux向け)

コマンドラインで以下を実行する。

sudo apt-get install bash-completion
wget https://raw.githubusercontent.com/koto-dev/koto/master/contrib/zcash-cli.bash-completion
cat zcash-cli.bash-completion >> ~/.bash_completion
source zcash-cli.bash-completion

.bash_completionに書いておくと、ログインのたびに読んでくれる。

ShieldedコインとGenerated(未Shield)コインの残高を表示する

※ソロでマイニングしたコイン(Generatedコイン)は一度koto-cli z_shieldcoinbaseでSheld処理する必要がある。(ちなみに、プールの場合にはkアドレスに送られたコインがそのまま使用できる。)

Shieldedコイン残高表示: (送金に使用できる残高)

koto-cli listunspent | python -c 'import json,sys; print sum(map(lambda x: (x["amount"] if not x["generated"] else 0),json.load(sys.stdin)))'

Generated(未Shield)コインの残高表示: (z_shieldcoinbaseする必要のある残高)

koto-cli listunspent | python -c 'import json,sys; print sum(map(lambda x: (x["amount"] if x["generated"] else 0),json.load(sys.stdin)))'

他にわからないことがあれば

まずはzcashのdocを読んでみましょう
例:送金関連